レーザーで虫歯の治療と予防

虫歯の治療

レーザーは健康な歯のエナメル質や象牙質には影響を及ぼさず、虫歯になって軟化してしまった組織だけを除去し殺菌することが出来ます。

このため小さな虫歯の場合削ることなく虫歯の治療が出来ますし、殺菌作用があるのでシーラントなど予防処置の前処理に利用することが出来ます。

歯科治療で最もむづかしいといわれる歯根治療

歯根治療とはむし歯が進行したために歯髄に細菌が繁殖し歯髄炎を起してしまった歯の治療法のことです。

今までの根管治療は根尖部分までをリーマーと呼ばれる針のような器具で正確に清掃・拡大を行った後に無菌状態を 得るために薬剤を塗布します。その後、出血や滲出液などが無い状態を確認できたら根管内を密閉することになります。このときに根幹内が無菌状態になっていないと、後から痛みが出たり腫れたりします。
レーザー治療による根管治療では根の中を通常通り清掃・拡大を行った後殺菌を行い無菌状態にすることが可能です。