レーザーで歯周病治療

歯周病はレーザーで治せます

これまでは治療に長い時間がかかり、なかなか治りにくいと言われていた歯周病ですが、医療レーザーを用いると短期間で確実な治療が可能になりました。

歯と歯茎の間のポケット(歯周ポケット)は、人それぞれ複雑な形状をしていますが、レーザーは光の一種ですので、その複雑な形状に照射することで奥にある患部まで光が届き治療が可能です。

また、歯周病レーザー治療では、患部の切開を行わず、レーザーでの蒸散を行うため、痛みがほとんど生じません。そのため、ペースメーカーを使用している方、妊婦の方など、いままで治療をあきらめていた方でも治療が可能です。

無くなってしまった歯の骨はもう元に戻りません、しかし、今残っている歯と骨を大事に使っていくことで、一生ご自分の歯で美味しくたのしい生活を送れるように治療をおすすめします。

レーザー治療を施した歯槽膿漏の経過例